露出補正の説明と活用方法

この前とった写真が見た目よりも暗く写ってしまったことはありませんか?
おそらくこれは、露出が合っていないことが原因ではないでしょうか。
写真を明るくするか暗くするかが決まる露出補正について、今回ご紹介したいと思います。

露出について

露出とは?

感光材料や固体撮像素子をレンズから通ってきた光にさらすことで、レンズに入る光の量を調整して写真の明るさを決めています。

この露出は、絞り・シャッタースピード・ISO感度の3つで決まります。
ISO感度は一定の時間に撮像素子が受け取れる光の量を示しているので、ISO感度が高くなれば短い時間で適正な光量が得られ、ISO感度が低くなれば長い時間の光量が必要になります。これに合わせて絞りとシャッタースピードを調節しなければなりません。

ただし、白っぽい被写体や黒っぽい被写体はオート露出では見た目に近い露出が得られない場合があります。

また、撮影者がどういう写真を撮りたいかで適正露出は変わってきます。
たとえば、見た目と違った感じに撮れたとしても、撮影者が意図してそういう写真を撮ったとしたならばそれが適正露出といえます。

白っぽい被写体

白っぽい被写体

黒っぽい被写体

黒っぽい被写体

自動露出(AE)の使い方

デジタル一眼レフカメラでは、写真の明るさが適正となるよう露出をコントロールする「自動露出(AE)」機能が搭載されています。
この機能を使えば、明るい被写体でも暗い被写体でも適正な明るさの写真を撮影することができます。このことを「適正露出」といいます。

こちらの注意点としては前述の通り、撮影者がどういう写真を撮りたいかをによって異なるので、意図したものと多少違った仕上がりになる場合がございます。
そのほか、自動露出機能にもいくつかモードがあります。

絞り優先AE

撮影者が絞りを設定して、カメラが自動でシャッタースピードを調整してくれるモード。

シャッタースピード優先AE

撮影者がシャッタースピードを設定すればカメラが自動で絞りを設定してくれるモード。

露出補正について

露出補正とは?

オート露出で見た目に近い露出が得られなかったときや、撮影したものが撮影者の意図したものと違ったときに露出の値を変えることを露出補正といいます。

まずは補正をしない状態で1枚撮ります。暗いと感じたらプラス補正、明るいと感じたらマイナス補正をしてから再度撮影します。
ただし、補正のやりすぎは画質の劣化を招くので注意しましょう。

露出オーバー

撮影状況によって被写体が明るくなりすぎた状態。マイナス補正を行う。

露出アンダー

撮影状況によって被写体が暗くなってしまった状態。プラス補正を行う。

全体が白っぽい被写体は露出アンダーになりやすいのでプラス補正を、全体が黒っぽい被写体は露出オーバーになりやすいのでマイナス補正をしよう。

白っぽい被写体/補正なし

白っぽい被写体/補正なし

白っぽい被写体/補正あり

白っぽい被写体/補正あり

黒っぽい被写体/補正なし

黒っぽい被写体/補正なし

黒っぽい被写体/補正あり

黒っぽい被写体/補正あり

まずは自動露出機能を活用してみよう

デジタル一眼レフを持っていれば、慣れないうちは自動露出機能(AE)を使ってみると良いと思います。
思っていたより明るくなったり暗くなったりする場合は、露出補正でお好みの明るさに微調整していきましょう。

\写真アプリはこちら/

アプリをダウンロードする

関連コンテンツ

納期について

ご選択の商品(FUJICOLOR高級プリント)は異なるサイズを同時注文・同梱発送が可能となります。

そのため納期については通常より最大で3日長くいただいております。
工場の生産状況により、発送準備ができ次第順次発送いたします。

FUJICOLOR高級プリントLサイズ/2Lサイズのみご注文のお客様はサイト上部のオレンジ色のボタン
よりご注文いただけますと通常納期での出荷が可能となります。

FUJICOLOR高級プリント その他のサイズについて

その他のサイズ

緑色の「FUJICOLOR その他のサイズはこちら」ボタンからご注文された商品の納期となります。