画像データの保存形式と説明

スマートフォンやデジタルカメラで撮影した画像データを見ると、「JPG」や「RAW」といった言葉を目にしたことがあると思います。
これらは画像を保存するための形式のことで、そのほかいくつもございます。

今回は主に使われているデータ形式と長く保存するための方法についてご紹介します。

保存形式

最も使われているJPEG形式(~.jpg)

特徴

・ほとんどのデジタルカメラで対応している。
・利用者が多く保存編集すると劣化する。

メリット

・ファイルサイズが軽い。
・ほぼすべての画像を扱うソフトに対応している。

デメリット

・劣化する。

写真編集がしやすいPhotoShop形式(~.psd)

特徴

・画像の編集ソフト「PhotoShop」のレイヤーごとに保存できる。

メリット

・保存編集しても劣化しない。
・「PhotoShop」のレイヤーごとに保存できる。

デメリット

・レイヤーを含めると非常にファイルサイズが大きい。
・対応ソフトが少ない。

高品位な画質のRAW形式(~.CRW/CR2、~.NEFなど)

特徴

・圧縮していない画像。加工していない画像。ファイルサイズが重い。

メリット

・劣化しない。全ての撮影画像データが保存でき、現像ソフトで画像データを高品位調整できる。
・PhotoShop形式に比べるとファイルサイズが軽い。

デメリット

・対応ソフトが少ない。
カメラメーカーによってフォーマットが異なる。
JPEG形式と比べるとファイルサイズが重い。

記録メディア

光ディスク(CD、DVD、ブルーレイディスクなど)

パソコンのCD/DVD/Blu-ray Discドライブに挿入して利用する記録メディア。これらは、まとめて「光ディスク(光学ディスク)」や「光メディア(光学メディア)」と呼ばれる。

フラッシュメモリー(USBフラッシュメモリー、SD/SDHCカードなど)

パソコンのUSB端子に挿入するだけで簡単に利用でき、持ち運びもしやすいことが特徴。SD/SDHCカードはスマートフォンやデジカメのメモリーカードとして使われているほか、テレビ、HDD/BDレコーダーなどにも利用できる。

ハードディスク(外付けHDD)

容量が大きく、たくさんのファイルを記録できる。その反面、大きくて価格が高い。コンパクトで持ち歩きも可能な、ポータブル外付けハードディスクもある。

しまうまプリントでは、JPEG形式でご注文が可能です。

しまうまプリントでは、たくさん保存できて対応ソフトも多いJPEG形式のRGB画像のみご注文いただけます。
先程紹介した保存方法を参考に、これからも写真を撮っていきましょう。

\写真アプリはこちら/

アプリをダウンロードする

関連コンテンツ

納期について

ご選択の商品(FUJICOLOR高級プリント)は異なるサイズを同時注文・同梱発送が可能となります。

そのため納期については通常より最大で3日長くいただいております。
工場の生産状況により、発送準備ができ次第順次発送いたします。

FUJICOLOR高級プリントLサイズ/2Lサイズのみご注文のお客様はサイト上部のオレンジ色のボタン
よりご注文いただけますと通常納期での出荷が可能となります。

FUJICOLOR高級プリント その他のサイズについて

その他のサイズ

緑色の「FUJICOLOR その他のサイズはこちら」ボタンからご注文された商品の納期となります。