プリントサイズに合った画質サイズ

皆さんは新しくカメラを買った際に、説明書を読んでいますか?
カメラによって設定されている画像サイズが違うため、 その性能をしっかり理解することでより良い写真がとれます。
今回は、写真現像をする時にプリントサイズに合った画質について紹介します。

写真の画質について

画素数と解像度の関係

写真は小さな点(ピクセル)の集合で色を表現していますが、画素数とはその点がいくつあるかを表すものです。
点が多ければ多いほど細かく色を表現することができるので、画素数が高いほど解像度の高い写真を撮ることができます。 逆に画素数が低いとプリントした際に全体的にぼやけたものになってしまいます。

カメラの画像サイズや解像度は「○○×□□」と表示されますが、これは横に○○個、縦に□□個の点が使われていることを示します。
例えば、3264×2448ピクセルの画像サイズであれば、全体で7990272個の点が使われていることになり、約800万画素となります。

しまうまプリントでは640×480ピクセルより小さい画像サイズは、仕上がりが粗くなるため注文できなくなっています。 携帯電話で撮影した写真などは画像サイズが小さく設定されていることがあるので注意が必要です。

解像度の高い画像(きれい)

解像度の高い画像(きれい)



解像度の低い画像(粗い)

解像度の低い画像(粗い)

一般的に画素数が大きいほど解像度の高い写真が撮れますが、画素数が大きければ大きいほど良い、というわけではありません。
解像度はレンズの性能やカメラの画像処理の能力にも大きく影響されます。 いくら画素数が高くても、それに見合った高性能のレンズや大きな映像素子でなければ逆に画像が粗くなることもありますので、事前に確認しておきましょう。

撮像素子について

そもそも撮像素子とは?

撮像素子とは、レンズから取り入れた光を記録している場所であり、この撮像素子の大きさは画質に大きな影響を与えます。
例えば200万画素で撮影した場合は、撮像素子が200万個の画素に区切られて記録されるわけですが、同じ200万画素でも撮像素子が小さいと画素ひとつあたりのスペースが狭く、取り込める光の量が少なくなりノイズが入ってしまいます。

小さい撮像素子であれば高画素の撮影サイズより、画素数を抑えた方がノイズが消え画質がよくなることがあるので、 画素数のみでは画質は良くならないことを覚えておきましょう。

写真のプリントサイズによって画素数は変わる

また、写真のプリントサイズによっても画素数が異なります。たとえばLサイズの画素数と2Lサイズでは、サイズの大きい2Lßサイズのほうが必要な画素数も多くなります。

しまうまプリントの推奨最低画素数はこちらで紹介しておりますので、ご注文の際は事前にチェックしましょう。
※データのサイズが推奨最低画素数以下の場合、ご満足いただける品質に仕上がらない可能性がございます。

プリントの画質の理解を深めよう

いかがでしたでしょうか?
画質が粗くなってしまうときは、画素数が低すぎないか確認をする。高画素なのに画質がきれいにならない場合は、撮像素子が設定画素に対して小さすぎる可能性があるので、画素数を抑えるなど、画質について理解して状況に応じて微調整していきましょう。

\写真アプリはこちら/

アプリをダウンロードする

関連コンテンツ

納期について

ご選択の商品(FUJICOLOR高級プリント)は異なるサイズを同時注文・同梱発送が可能となります。

そのため納期については通常より最大で3日長くいただいております。
工場の生産状況により、発送準備ができ次第順次発送いたします。

FUJICOLOR高級プリントLサイズ/2Lサイズのみご注文のお客様はサイト上部のオレンジ色のボタン
よりご注文いただけますと通常納期での出荷が可能となります。

FUJICOLOR高級プリント その他のサイズについて

その他のサイズ

緑色の「FUJICOLOR その他のサイズはこちら」ボタンからご注文された商品の納期となります。