重要なお知らせ 【重要なお知らせ】年末期間における日本郵便の郵便物等の送達遅延に関するお知らせ

お宮参り 記念写真撮影どうする?自分たちで撮るときのアドバイス

お宮参りでの記念写真。一生の記念になるものなので素敵な一枚を残したいですよね。自分たちで撮影するときの上手な方法をお教えします。

お宮参りってどんな行事?

お宮参りとは、赤ちゃんが生まれて初めて神社に参拝する行事です。生まれた土地の守り神、産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を感謝し、元気に成長することを祈り、お祝いするのです。初宮参り、初宮詣、産土参り(うぶすなまいり)とも呼ばれます。では、お宮参りに関するいくつかの疑問にお答えします。

いついくの?

地方によって異なりますが、正式には男児が生後31日目か32日目、女児が生後32日目か33日目、とされています。とはいえ、この日にしなければならない、というわけではありません。季節や天気、母子の体調や家族の都合に合わせて日程を組む方も多いようです。首がすわった3ヶ月頃にお宮参りをされる方もいらっしゃいます。赤ちゃんもママも、長時間の外出はまだまだ厳しい時期ですので、母子の体調優先で行いましょう。

お参りの方法は?

神社に出向き、神職にお祓いと祝詞をあげてもらいます。神社により、予約制・現地での申し込み…と受付方法が異なりますので、電話やHPなどで必ず事前に確認しましょう。小さな神社では予約制が比較的多く、大きな神社では現地で申し込む場合が多いようです。また、ご祈願はせず家族で参拝するだけでもよいでしょう。

かかるお金は?

ご祈祷あげてもらったお礼として、のし袋か白い封筒に現金を包みます。これを初穂料、もしくは玉串料と呼びます。のし袋の場合、水引は紅白の蝶結びで、表書き上段には「初穂料」もしくは「玉串料」、下段には赤ちゃんの氏名を書きます。神社によって初穂料か玉串料か決まっていたり、下段に父親の氏名と赤ちゃんの名前を併記する地域もあります。また、金額は五千円~一万円が一般的で、神社により金額が定められていることもあります。ご祈祷をあげてもらう神社が決まったら、お礼に関しても確認しましょう。

服装はどうする?

■赤ちゃんの着物は?
赤ちゃんの正式な服装は、白羽二重の着物の上に掛け着をかけた祝い着です。
掛け着は、男児であれば熨斗目模様や黒羽二重の紋付など、女児であれば華やかな友禅模様などが一般的。最近はベビードレスも定番となっています。ベビードレスのみの着用はもちろん、その上から掛け着をかけるスタイルもよく見かけます。また、祝い着は母方の祖父母が準備するものとされていますが、最近ではレンタルを使う方も多くいらっしゃいます。

■ママの着物はレンタル?
ママの服装は、赤ちゃんが着物であれば着物、ベビードレスであれば洋装、といった具合に、赤ちゃんと合わせましょう。ママの正式な服装は留袖になります。しかし最近では、訪問着や色無地などを着ている方も多く見られます。洋装の場合は、露出度が低くフォーマルなワンピースかスーツを選んで。授乳する可能性がある場合は、授乳服や前開きの服など授乳しやすい洋服を選ぶようにしましょう。赤ちゃんの祝い着同様、最近は母親の着物もレンタルを使う方が多いようです。

食事会はする?

両家の両親などが集まる場合は、食事会をすることが多いようです。外食の場合、神社近くのホテルや料亭にお宮参りプランがある場合もあります。授乳や赤ちゃんの寝る都合を考えなければなりませんが、記念になり、料理の準備・後片付けの手間がありません。自宅の場合、自分たちもしくは祖父母が準備と後片付けをすることになります。料理は、作る・買って来る・出前を取るなど、家族の誰かが準備しなくてはなりませんが、赤ちゃんへの負担が少なく、他人の目や時間を気にせず過ごすことができます。いずれにせよ、赤ちゃんとママの体調を優先するようにしましょう。

お宮参りの記念写真どうする?

お宮参りの思い出を素敵な写真に残すには、スタジオ撮影・出張スナップ撮影・自分たちで撮影、と大きく3つの方法があります。それぞれの特徴をみていきましょう。

■スタジオで撮影

スタジオで撮影するため、ちゃんとした雰囲気の写真が撮れます。お宮参り当日以外での前撮り・後撮りが可能なこともメリットです。また、衣装のレンタルや着付け、ヘアメイクなどを行っているスタジオもあります。しかし、撮影時間が決まっているため、赤ちゃんが寝てしまったり、機嫌が悪いとよい写真が撮れないというデメリットも。有名どころでは、スタジオアリス、スタジオマリオ、スタジオパレット、写真館ピノキオなどがあります。また、店舗は少ないですが、ライフスタジオをはじめとするおしゃれなフォトスタジオも最近では人気です。

■出張スナップ撮影

プロによる出張撮影を受けられます。希望の場所で撮影でき、自然な雰囲気の写真が撮れます。お宮参りをする神社で撮影することも可能です(社殿内・ご祈祷中は撮影できない場合がありますので、事前にご確認ください)。ただし、出張料もあるため、スタジオ撮影より高額となることが多いようです。また、時間がかかるため疲れてしまうというデメリットもあります。

■自分たちで撮影

自然な雰囲気で、いつでも気軽に撮影できます。ただし、カメラと撮影技術が必要ですし、当たり前ですが撮影者はセルフタイマーや自撮り棒などを使わない限り写りません。

まるでプロが撮ったみたい!?自分たちで撮るときのポイント

一生の記念に残るお宮参りの記念写真。自分たちで撮影する場合でも、ポイントを押さえればまるでプロのように仕上げることが可能です。いくつかのポイントをお教えします。

【少なくとも数枚は集合写真を】

せっかくの記念ですから、少なくとも数枚は全員が写った家族写真を撮りたいですね。三脚やセルフタイマーを使ったり、周りの方に撮影をお願いしましょう。

【撮影場所がよくわかるように】

どこで撮ったかも重要です。背景に建物がきちんと入るように撮りましょう。背景に建物が入っていることを確認してから、人に動いてもらってもよいでしょう。建物が入りきらない場合でも、低い位置から見上げるように撮ると入ることがあります。とはいえ、建物がきちんと入っていても被写体が豆粒…ではよい写真とは言えません。人は最低でも表情がわかる程度の大きさで入れるようにしましょう。

【当日の流れを撮影】

お宮参りの1日をストーリー仕立てにすることで、写真を見返したときに当日のことを思い出しやすくなります。家を出たところから帰宅するまでを記念写真に収めましょう。

【赤ちゃんの機嫌の取り方】

できるだけ事前にしっかり寝かせ、おなかをいっぱいにしてオムツをかえ、快適な状態にしてあげましょう。ちょっとした変化に敏感な赤ちゃんもいます。日常的に写真を撮り、カメラに慣れてもらいましょう。また、音のなるおもちゃなどを持って行くのもよいでしょう。カメラの上で揺らしたりすることで、赤ちゃんのご機嫌を取りつつカメラ目線を狙えます。もし、赤ちゃんのご機嫌が斜めだったとしても、後から見返せばよい思い出になります。泣き顔の赤ちゃんとあやす親、これも最高の記念写真です。

【撮影アングルに変化をつける】

全身、バストアップなど撮影距離を変えた写真を撮ってみましょう。真正面からだけでなく、斜めから、後ろから、上から…と、角度に変化をつけるのもよいでしょう。全身の入る写真では、基本的に足元よりも頭上の余白を多く取ります。意識してみてくださいね。

【フラッシュ撮影はNG】

基本的にフラッシュ撮影は避けましょう。特に暗い場所では赤ちゃんがびっくりしてしまいますし、赤ちゃんのふんわりとした肌の質感もうまく撮れなくなってしまいます。もし使うのであれば、屋外の曇天時や逆光時に少し顔に光が欲しいな、という場合に留めましょう。

ストーリー仕立てのアルバムを作ろう

お宮参りの1日を、ストーリー仕立てのフォトブックにしてみませんか?1日の流れに沿ってアルバムにすることで、開くたびにその日のことを鮮明に思い出せます。自宅にはもちろんのこと、両家祖父母にプレゼントしても喜ばれます。リーズナブルですぐできる、36ページ198円~、最短当日発送のしまうまプリントのフォトブックは、イベントごとに気軽に作れるためおすすめです。


スタンダード

文庫サイズ

1冊 198 円~

ポケットに収まる かわいいコンパクトサイズ

198 398 498 598 798 注文
する
スタンダード プレミアム プレミアムハード

A5スクエアサイズ

1冊 298 円~

SNSの写真にピッタリ ましかくのフォトブック

298 498 598 698 898 円 ~ 注文
する
スタンダード プレミアム プレミアムハード

A5サイズ

1冊 498 円~

大切な記念日の思い出に 大迫力のA5サイズ

498 598 698 798 998 円 ~ 注文
する

※ 表示は、1冊あたりの税抜価格です。(配送料、代引手数料は別途)
※ プレミアム仕上げはPC限定で先行リリースとなります。スマホアプリはただいま準備中です。