お使いのブラウザではページが正しく表示されない場合がございます。

正しく表示されない場合は対応ブラウザをダウンロードしてください。

推奨動作環境

OS Windows 7〜 / Mac OS X 10.11〜
ブラウザ IE10〜 / Chrome 最新版 / Safari 最新版 / Firefox 最新版

早割キャンペーン実施中!宛名印刷無料!

宛名印刷

宛名印刷は、年賀状プリントのオプションになります。

はがき印刷から宛名印刷まで簡単注文!
●デザイン面と宛名面は同時注文で承っております。宛名印刷のみのご注文は承っておりません。
●敬称(「様」、「さん」など)は、名前につけず、敬称欄に「敬称追加」で「様」などを追加してから、入力してください。敬称なしで宛名登録すると、確認アラートがでます。
●年賀はがきで投函代行の場合郵便局引受前のご注文商品は、引受開始後の12/15~より随時投函致します。投函後に、投函完了のメールが送信されます。投函代行の説明はQ&Aの「投函代行とは何ですか。」をご確認ください。
●通常はがきで投函代行の場合は随時投函致します。喪中はがきに関しましても随時投函されますのでご注文時期をご注意下さい。
●元旦にお届けするには、日本郵便では12月25日までの投函を呼び掛けています。
投函代行をご利用の場合、サイト上で表記されているお届け予定日が投函予定日となりますので納期をご確認の上ご注文くださいませ。
※お届け予定日は仕上げにより異なります

宛名印刷の注意点について

宛名印刷のレイアウトにつきましては、注文上の「宛名編集」にてレイアウトプレビューをご確認ください。印刷につきましてはプレビュー通りとなります。
また、差出人情報の印刷は行っておりません。

  • <レイアウト例>

  • <差出人情報欄>

  • <失敗例> ※ご注意:敬称入力ミスでそのまま印刷される

    ※差出人印刷は、主宛名+最大3名まで連名可能です。

宛名のフォントについて

宛名のフォントはご購入時の宛名選択画面で下記のフォントよりお選び頂けます。

明朝体
(DF平成明朝体W7)

楷書体
(DF太楷書体W9)

丸ゴシック体
(DFUD丸ゴシック体W6)

角ゴシック体
(DF平成ゴシック体RW7)

連名(個人向け)について

宛名を連名で記載する場合は右側に世帯主のフルネーム、その左側に妻の名前を書くのが一般的です。
もし、お子様の名前も連名で記載したい場合は最大で4名分まで連名での記載が可能となります。

  • <2名での連名>

    編集画面

  • <3名での連名>

    編集画面

  • <5名以上での連名>
    1枚のはがきで5名以上の宛名を連名で記載する場合は「世帯主のフルネーム」+「御家族御一同様」を記載するのが一般的です。
    ※弊社宛名サービスでは5名以上の連名には対応しておりません。

    連名が印字されずに「ご家族御一同様」となります。

    編集画面

法人(会社向け)の連名について

一般的には企業向けに連名は使いません。1つの会社の複数の担当者に年賀状を送る場合は1担当者1枚が基本となります。
宛名に担当者の名前を記載せずに会社宛で送る場合は「社名+御中」とすることも可能です。

  • <1担当者1枚の場合>

    ※企業向けの場合、宛名は連名にせず担当者ごとに送付するのが一般的です。

  • <スタッフ御一同様を利用するの場合>

    編集画面

    「スタッフ御一同様」を追加することも可能です。

  • <社名の下に御中が入る場合>
    社名が入力された状態で「宛名を印字しない」にチェックが入っている場合、社名の下部に「御中」が入ります。

    社名の下に御中が入ります。

    編集画面

御一同様表記とは

<個人の場合><法人の場合>

連名が印字されずに「ご家族御一同様」となります。「スタッフ御一同様」が併記されます。

法人宛名省略とは

「宛名を印字しない」を使用すると、宛名が印字されず、会社及び部署宛の表記になります。

(通常)

(法人宛名省略状態)

お客様ご自身で宛名印刷する際の注意点

印刷仕上げの注意点

印刷仕上げは、多くの家庭用プリンタで宛名印刷が可能です。
詳しくはお使いのプリンタの取扱説明書でご確認ください。

写真仕上げとプレミアム仕上げの注意点

写真仕上げとプレミアム仕上げは、ハガキが厚くなるので、プリンターによってはハガキを引き込めない場合もあります。 その場合はプリンターがハガキを引き込む時に手でそっと押してあげるとうまく引き込むことがあります。
※無理やり押し込むと故障の原因となりますのでご注意ください。
お客様ご自身で宛名印刷をお考えのお客様は、印刷仕上げがおすすめです。