重要なお知らせ 【重要なお知らせ】年末期間における日本郵便の郵便物等の送達遅延に関するお知らせ

初心者のためのデジタル一眼レフ入門

デジタル一眼レフの初心者が、読んですぐ使える撮影テクニックを集めてみました。

デジタル一眼レフとコンデジの違いって?

デジタル一眼レフ初心者のほとんどは、コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)を使ったことがあるでしょう。だからこそコンデジよりステキな写真を撮りたいもの。
そんな想いをかなえるためには、まずデジタル一眼レフとコンデジの違いを知らなくてはいけません。デジタル一眼レフの初心者用に違いを簡単にまとめてみました。

違い1 画質

デジタルカメラは取り込んだ光を電気信号に変えて画像として落とし込みます。この作業の中心にあるのが、イメージセンサーなのです。このイメージセンサーの大きさが、デジタル一眼レフとコンデジでは違います。結果として初心者が同条件で撮っても、デジタル一眼レフの方がコンデジより細部までくっきりと写せます。つまりフルオートで撮影するなら、初心者ほどデジタル一眼レフを使うべきだといえるでしょう。

違い2 オートフォーカスのスピード

デジタル一眼レフは専用のセンサーを積んでいるため、素早く焦点を合わせることができます。一方、コンデジは専用のセンサーを積んでいない機種が多いため、ピントを合わせるのにやや時間がかかってしまう傾向にあります。
オートフォーカスが素早いのは、被写体をとらえるのに時間がかかりがちな初心者にとっても、嬉しい機能といえるでしょう。

違い3 絞りの調整

コンデジは絞りの調整がほとんどできません。そのため被写体の背景をぼかすタイプの写真の撮影が、あまりできないのです。被写体だけが浮かび上がる写真を撮りたいならデジタル一眼レフは必須でしょう。逆に初心者であっても、デジタル一眼レフを持ち、簡単な知識があればボカした写真を撮ることができます。

違い4 シャッタースピードの調整

デジタル一眼レフであれば当然の機能ですが、シャッタースピードを調整できるコンデジは、それほど多くありません。そのため動いている部分だけがぶれるような表現は、コンデジではなかなか難しいのです。
初心者には難しそうに見えるシャッタースピードの調整ですが、意外なほど簡単です。こちらも簡単な知識があれば、初心者でもワンランク上の写真を撮ることができます。

違いに合わせた撮影テクニック

■画質の違いに注目

一眼レフの表現力はコンデジより豊かなので、一眼レフに付いているモードを選択し、全自動で撮影すれば、初心者でも“一眼レフらしさ”を表現することはできます。しかし、より一眼レフらしい写真を撮りたいなら、やや暗い場所でフラッシュを使わずに撮影してみましょう。一般的にデジタル一眼レフは、高性能なイメージセンサーのおかげでコンデジより暗さに強いのです。
例えば誕生日会で見られるような、ろうそくに照らされた顔などは、暗さに強い一眼レフの出番です。また、カメラに慣れてきたら「シャッター優先オート」のモードで、シャッタースピードを長くしてみましょう。初心者でも簡単に、より明るく撮影できます。

■オートフォーカスの早さに注目

シャッターチャンスが一瞬のもの、よく動く被写体の撮影などでもデジタル一眼レフは力を発揮します。運動会などのスポーツ、動いている車や電車などの乗り物が相手でも、初心者であってもベストショットが狙えます。連写モードにしておけば、最高の写真を撮れる可能性はさらに高まります。まだまだデジタル一眼レフの初心者だなと感じたら、迷わず連写モードを選択しましょう。


動かない背景との対比でスピード感を演出

■絞りに注目

狙った被写体だけが写真から浮かび上がり、背景がキレイにボケている写真は人物写真の定番です。ただ、この表現には絞りを調整しなければなりません。かっこいいけれど初心者にはムリだとあきらめていませんか?

ここでは光学的な説明をすべて省き、どうすればデジタル一眼レフでより背景がボケるかを、初心者にわかりやすく説明します。

・絞り値(F2.8など)を小さくする
・被写体を近くに置きピントを合わせる
・なるべく望遠レンズを使う


具体的に説明しましょう。
まず、デジタル一眼レフの「絞り優先オート」にします。さらに絞り値をなるべく小さな数字に合わせます。さらに望遠レンズを使います。
「絞り優先オート」なら撮影条件に合わせて、自動的にシャッタースピードが変わります。どんな具合に背景がぼけたかを撮影後に確認し、感覚的に背景のボカ仕方を学びましょう。多少で感覚がつかめれば、初心者とは思えないほど引き締まった写真を撮影できるようになります。


絞り値を大きく(F10)して標準的なレンズ(35mmレンズ)で撮影


絞り値を大きく(F10)して望遠レンズ(210mmレンズ)で撮影


絞り値を小さく(F5.6)して望遠レンズ(210mmレンズ)で撮影
後ろの花のボケ方が強くなっている

■シャッタースピードに注目

走っている選手の脚や手がぶれている写真を見たことがあるでしょう。写真は一瞬を切り取る道具ですが、長い時間を切り取るか、短い時間を焼き付けるのかで仕上がりはまったく違ってきます。
シャッタースピードを上げて、スポーツ選手を撮影すれば完全に止まったように写すことが可能です。しかし細部までわかる反面、スピード感は失われます。一方、少しだけシャッタースピードを遅くすると時間の経過が写真に刻まれます。体の動きがブレという形で表現され、写真にスピード感が生まれるのです。
動きのある被写体に対して、「シャッター優先オート」でシャッタースピードを変えて撮影してみましょう。初心者とは思えないほどの表現力を、デジタル一眼レフは与えてくれます。

一眼レフを買ったら作品集作りを

写真は撮影して終わりではありません。トリミングして自分が表現したい写真に近づけ、ときに色や彩度などをコンピュータで調整します。その上でベストな写真を紙に焼き付けましょう。
モニターは調整がバラバラで、自分が撮影した通りに再現してくれるわけではありません。フォトブックにすれば、自らの感動をそのまま表現できます。
初心者であっても、表現者であることに変わりはありません。写真展を開く代わりに、フォトブックで作品集をつくってみませんか。高品質でリーズナブルな「しまうまプリント」のフォトブックが、あなたの表現活動をバックアップします。


スタンダード

文庫サイズ

1冊 198 円~

ポケットに収まる かわいいコンパクトサイズ

198 398 498 598 798 注文
する
スタンダード プレミアム プレミアムハード

A5スクエアサイズ

1冊 298 円~

SNSの写真にピッタリ ましかくのフォトブック

298 498 598 698 898 円 ~ 注文
する
スタンダード プレミアム プレミアムハード

A5サイズ

1冊 498 円~

大切な記念日の思い出に 大迫力のA5サイズ

498 598 698 798 998 円 ~ 注文
する

※ 表示は、1冊あたりの税抜価格です。(配送料、代引手数料は別途)
※ プレミアム仕上げはPC限定で先行リリースとなります。スマホアプリはただいま準備中です。