年賀状は手書きと印刷どっちがオススメ?それぞれのメリットを徹底比較

年賀状はかつて手書きで作成するのが主流でしたが、現在は年賀状を印刷で仕上げる人が増えてきました。
手書きと印刷の年賀状はそれぞれメリット・デメリットが異なりますので、年賀状を作成する際はどちらが自分に合った方法かじっくり吟味しましょう。

ここでは手書きと印刷のどちらで年賀状を作成しようか迷っている方のために、それぞれの方法のメリット・デメリットをわかりやすくまとめました。

気持ちが伝わりやすい!手書き年賀状の2つのメリット

手書きで年賀状を作成すると次のような2つのメリットがあります。

1. オリジナリティが出しやすい

手書きの文字は人のぶんだけ個性があり、デザインから作った物は世界に1つしかありません。そのぶんオリジナリティが出しやすく、受け取った相手の印象に残りやすいでしょう。

2. 相手に目を通してもらいやすい

手書きの年賀状は手間と時間がかかっています。そのぶん受け取った方も真剣に目を通してくれる傾向にあるのもメリットです。

手間と時間がかかり過ぎるのがネック…手書き年賀状の2つのデメリット

相手に気持ちを伝えやすい手書き年賀状ですが、一方で印刷プリントの年賀状と比べるといくつかのデメリットがあります。

1. 膨大な手間と時間がかかる

手書き年賀状の最大のネックは、手間と時間がかかり過ぎることです。

イラストを描いたり文字を書くことはかなりの手間がかかってしまうため、1枚仕上げるだけで相当な時間がかかります。

年賀状は例年11月1日頃から発売され、12月15日頃から受付が始まります。元旦に届くようにするためには12月25日までに投函しなければならないため、年賀状を作成する時間は正味1ヵ月半程度しかありません。
普段家事や仕事、育児で忙しい人がまとまった時間を確保するのは困難ですし、手書きだと1日に仕上げられる枚数にも限度がありますので、何十枚もの年賀状をすべて手書きで完成させるのは物理的に難しいのではないでしょうか。

2. 間違ったときに修正しにくい

手書きの場合、はがきに直接文字を書いたり色を塗ったりするので、1度失敗すると、1から書き直すことになってしまいます。

書き損じはがきは郵便局の窓口に行けば1枚5円の手数料を支払うことで新しい物と交換できますが、手間とコストがかかってしまうところがネックです。

簡単&スピーディ!印刷年賀状の2つのメリット

手書き年賀状に代わり、現代の主流となっている印刷年賀状のメリットについてまとめました。

1. 短時間で大量の年賀状を作れる

大量印刷となると家庭用プリンタでは相応の時間がかかりますが、しまうまプリントでは数百枚の年賀状でも最短翌日~3日後には発送いたします。
お店まで足を運ばずに済むため、忙しくてなかなか店舗まで行けないという方からも重宝されています。

2. 簡単にきれいな年賀状を作成できる

一からデザインやレイアウトを考えて年賀状を作成するのはなかなか困難です。賀詞やメッセージも自分で一から調べて書かなければならないので、何を書けばいいか頭を悩ませる方も多いでしょう。

その点、しまうまプリントではあらかじめフレームやイラスト、メッセージなどのテンプレートを用意していますので、好みの物を選ぶだけで簡単にきれいな年賀状を作成できます。

テンプレートのバリエーションは友人向けにぴったりのカジュアルなものから、上司や取引先宛てに適したビジネス向けのものまで豊富に揃っており、シチュエーションに合わせて選べるのもうれしいポイントです。

また、自分で一から作成したオリジナルデザインでの印刷にも対応しています。グラフィックソフトなどを使用してデザインを作成し、データを入稿するだけで印刷を依頼できるので、オリジナリティを出したい方にもおすすめです。

手間と時間をかけずにきれいな年賀状を作りたい場合、印刷年賀状がおすすめ

年賀状を元旦に届くように投函したい場合、発売されてから1ヵ月半強で年賀状を作成しなければなりません。すべて手書きするとかなりの労力と時間がかかってしまい、期限までに間に合わない可能性があります。年賀状を大量に送る予定がある方は印刷で作成することをおすすめします。

しまうまプリントなら短時間でたくさんの年賀状を印刷できますし、デザインもテンプレートを使用できるので大量の年賀状も簡単に作成できます。

\年賀状アプリはこちら/

アプリをダウンロードする

関連コンテンツ